株式会社エレクトリ 
〒105-0022 東京都港区海岸2-7-70   TEL(03)5419-1594   FAX(03)5419-1591
INT-60
■価格: 1,430,000 円(税込)

『INT-60』は、Aクラス60Wモノラルパワーアンプ『XA60.8』の片チャンネルをベースにした、インテグレーテッド・アンプです。

特徴

出力段と電源部は『XA60.8』と同様になります。出力段のバイアス電流を最適化し約30W出力迄のAクラス動作を保証し、それ以上の出力ではABクラスで動作します(実際に測定上では、約90Wの最大出力が確認できます)。 デザイン面では、『.8シリーズ パワーアンプ』のアイデンティティーとも言えるメーターをフロントパネル中央に配置し、音量レベルを表示するディスプレイと大口径のボリュームノブにより、PASS Labs.独特の雰囲気を醸し出しています。加えて付属のメタルリモコンで、全ての操作が可能です。

音質上は細部の描写に至るまで、様々なテストを経て慎重に微調整されており『.8シリーズパワーアンプ』と共通と言えます。新たな試みとして、プリアンプ部のドライバー段に採用された高入力インピーダンスJFETによって6dBのゲインがバッファーされ、ボリューム回路へ送られます。その結果、アッテネーター歪みは0.001%以下を実現しています。前モデルの『INT-30A』は、ステレオパワーアンプ『XA30.5』に、シンプルに入力セレクターとボリュームを付加した1段増幅の構成でしたが、『INT-60』は、プリアンプのゲインとパワーアンプ出力段との2段増幅の構成を取っています。『INT-60』のフロントステージ(入力段とドライバー段)は、基本的にはプリアンプ『XP-10』をベースしたバージョンと言えます。

この新しいインテグレーテッド・アンプに搭載されるプリアンプ回路設計は、スレッショルド時代から製品開発を行いPASS Labs.立ち上げメンバーでもある、プリアンプ・デザイナーのウェイン・コルバーン氏(Wayne Colburn)が担当しています。彼は現在のPASS Labs.においてプリアンプの設計を一任されています。

いつでも測定値の良いアンプを作成することは可能です。しかし、耳に優しいアンプは簡単ではありません、そのため、PASS Labs.製品の最終テストは開発エンジニアの耳で行われます。その重要な基準として、音楽性の再生に重きをおいています。この価値基準は、PASS Labs.の長年にわたる成功の基礎となっています。音楽ソースから素晴らしい喜びを最大に引き出す可能性をPASSはいつも提供していきたいと願っています。

仕様

ゲイン 29(出荷時設定)/35dB
ボリュームコントロール (1dBステップ) 63dB
リモコン操作 可能
入力 4系統
出力(プリアウト) 2系統
出力(8Ω) 60W
出力(4Ω) 120W
タイプ Class AB
周波数特性 -6dB @ 80KHz
入力インピーダンス (1kHz、定格出力時) 1%
高調波歪率 50uV unweighted、20-20KHz
ダンピングファクター
150
スルーレート 50V/uS
出力ノイズ(uV) <250uV
入力CMRR -60dB
DCオフセット 0.05V
クラスA最大出力 30W
消費電力 375W
動作温度 53°C
外形寸法 483(W) x 538(D) x 193(H)mm
重量 42.2kg
価格 1,430,000 円 (税込)

製品画像


int60_B int60_C int60_D

int60_E int60_F int60_G

PASS LOGO