株式会社エレクトリ 
〒105-0022 東京都港区海岸2-7-70   TEL(03)5419-1594   FAX(03)5419-1591
SIT-3
■価格: 550,000 円(税別) <日本国内30台限定> 生産完了

SIT-3は、First Watt専用のSIT出力素子(別名VFET)パワートランジスターを使用したシングルエンド/シングルステージ・クラスAの最新パワー・アンプです。
SIT-1/SIT-2の設計思想と構造を受け継ぎ、SIT出力素子の新たな可能性を追及しました。

特徴

SIT-3にはSIT-1/SIT-2と比較するとSIT 出力素子の使用方法に大きな違い(特徴)があります。回路の心臓部を形成するトランジスタ(SIT出力素子)は、コモンドレイン・モードと呼ばれるSIT-1/SIT-2とは完全に異なったモードで動作します。
一般的に3つのピンを持つ出力素子は、以下の3種類のモードのいずれかで動作します。

(例:FET:コモンソース・モード、コモンドレイン・モード、コモンゲート・モード)

SIT-1/SIT-2では、SIT素子はコモンソース・モード(ソース接地)で動作し信号がゲートに入力され、増幅されて位相が反転した信号はドレインから出力されます。ソースはグラウンドの役割を果たします。このモードでは、電圧と電流の両方が増幅され、反転した位相はスピーカーターミナルによって正相に戻されます。SIT-3では、SIT素子はコモンドレイン・モード(ドレイン接地)で動作します。信号がゲートに入力され、増幅された信号はソースから出力されます(位相は反転しません)。
このモードでは、電流のみが増幅され、電圧は高品質ステップアップトランス(入力トランス)によって増幅されます。

SIT素子は、どちらの方法でもフィードバックなしに適確に増幅動作を行いますが、コモンドレイン・モード(ドレイン接地)においては、より低歪み、低ノイズ、高ダンピングファクターが得られます。引き換えに入力トランス(ステップアップトランス)の追加が挙げられますが、得られる音質向上の点から見れば、妥協可能な小さな要素になります。コモンドレイン・モード(ドレイン接地)は、SIT-1/SIT-2同様のシンプルなスペクトル歪み特性を示し、増幅と二次高調波をはるかに低い歪み値で制御できます。

仕様

入力インピーダンス 200Kohm
ゲイン 11.5dB
ダンピングファクター 30
最大出力(8Ω) 18watts@ 1% THD,1KHz
最大出力(4Ω) 30watts@ 1% THD,1KHz
周波数特性 -0.5dB@10Hz,-3dB@50Hz
ノイズ 50uV unweighted,20-20KHz
消費電力 150watts
ヒューズ 2.5Amp(3AG slow blow type)
外形寸法 43.18 W x 40.64 D x 17.15 H cm
重量 14.5kg

製品画像




FIRST WATT LOGO

■ Stereo Power Amplifier
F8  
■ 生産完了製品 SIT-3 F7 F6 J2 M2 SIT-1 SIT-2  
FirstWatt Homepage カタログダウンロード

価格表