Radial 国内正規代理店
株式会社エレクトリ
Radial Engineering
Tonebone

JPC

ステレオ PC-AV DI

本体価格: 34,000円 (税込み: 36,720円)
EANコード: 0676101035250

主な特長

  • PCのサウンドカードへの使用を前提としたステレオ・ダイレクトボックス
  • -10dB民生用ライン信号をバランス・マイクレベルに変換
  • グランドループを防止するトランス・アイソレーション入力
  • コンパクトで使用が簡単なデザイン
  • 電池の消耗を配慮する必要のないファントム電源による動作
  • 極めて高い耐久性を実現する14ゲージスティール・ブックエンド・デザイン
  • 1/4"、1/8"、RCA接続
  • 入力していないインプットをスルーアウトとして使用可能

radial

製品紹介

Radial JPCはPCのサウンドカードや民生用オーディオ機器への使用を前提にデザインされたステレオ・ダイレクトボックスです。
JPCは独自のトランスによるアイソレーション入力とアクティブサーキットを組み合わせることで、それらの優れた特性を活かし、コンパクトながらフレキシブルです。
トランスによるアイソレーション入力はグランドループなどが原因のハムノイズなどを防ぎます。またアクティブサーキットにより信号をバランス、ローインピーダンスに変換します。それらを組み合わさることで、高い音質とハムノイズ問題の解消を両立させました。

フレキシブルな接続
1/4"、1/8"入力、RCA入力、スルーアウトまたステレオ -10dBパッドスイッチを搭載しており、フレキシブルな接続が可能です。48Vファントム電源インジケーターを搭載し、すぐに電源状況を把握可能です。他のRADIAL製品同様、過酷なロードにも耐え得るようスイッチ類を保護するブックエンド・デザインを採用。内部PC基板なども軍用レベルのものが使用されています。
底面のノンスリップラバーパッドにより、滑りによる落下と、外部アンプなどの金属部分を隔離します。

高いコストパフォーマンスを実現したアクティブハイブリッド・デザイン
システムを構築する際の最も大きな問題はおそらくグランドループが原因のハムノイズの除去です。大半の民生用機器は他の業務用機器との接続を想定されていなく、通常の使用ではノイズの問題などは生じません。
しかしながらPCのサウンドカードなどを業務用機器に接続しますと、サイクルハムなどのノイズ問題が生じることがあります。そういった問題の解消にトランスによるアイソレーションは最適です。

接続例

技術仕様

Specifications
Features
General