Radial 国内正規代理店
株式会社エレクトリ
Radial Engineering
Tonebone

Primacoustic

J48

アクティブDI

本体価格: 34,000円 (税込み: 36,720円)
EANコード: 0676101034079

radial
radial
radial
radial
radial
radial
radial
radial

radial

製品紹介

Radial J48は、楽器が持つサウンドを歪みやアーチファクトを加えることなく再生するファンタムパワー駆動のアクティブDIです。

多くのアクティブDIで起こる問題として、楽器からのインプット・ボルテージがDIの内部動作電圧を超えた時に、矩形波歪みが発生することが挙げられます。その結果、内部動作電圧が低いと、アクティブベースや広いダイナミクスを持つアコースティックギターのサウンドを正確に再生することができません。この問題を解決するためにRadial J48は、本体に内蔵したスイッチング・パワーサプライを使い、一般的なDIに見られる3V程度の内部動作電圧を9Vまで引き上げています。このため十分なヘッドルームを持つことが可能となり、大きな信号に対しても歪みのない原音に忠実なサウンドを提供します。

またRadial J48は、位相反転スイッチ、15dBパッド・スイッチ、グランドリフト・スイッチに加えて、独自のユニークなステレオ to モノ・マージ・スイッチ、80Hzハイパスフィルター・スイッチを備えています。ハイパスフィルターは、不要な低域をカットしミッド、ハイの抜けを良くすることもできます。

ステレオ to モノ・マージ機能

J48にあるMERGEスイッチを押すと、INPUTとTHRUに挿した信号を内部でミックスし、その信号をメインXLRから出力するようになります。ライブでミキサーのチャンネルが不足している場合等に、この機能によりチャンネル数の節約が可能です。

以前「J48 mk2」とプリントのあるモデルが販売されていましたが、現在は「J48」のみです。 以前のモデルとはロゴマークなども変わっておりますが、中身は同じです。

主な特長

接続例

radial

J48をライブで使用する
ダイレクトボックスは、主にステージ上の楽器の信号をミキシングコンソールやPAシステムへ送るために使用されます。Radial J48は、音を歪ませたり、色付けしたりすることなく、自然な音色を非常に長い距離を伝送することができます。

radial

J48をスタジオで使用する
J48はベースやギターのダイレクト・レコーディング時に、極めて自然な信号をダイレクトにトラックへ送るために使用できます。

radial

J48を使ったリアンピング用ドライトラックの作成
リアンピングとは、レコーダーからのドライトラックをペダルエフェクトやアンプに送り返すことです。このトリックは、一部のトッププロフェッショナルによって長年にわたり行われてきました。Radial J48は、後にリアンピングするための楽器のサウンドをキャプチャするのに理想的です。

技術仕様

Specifications
Features
General