Radial 国内正規代理店
株式会社エレクトリ
Radial Engineering
Tonebone

SW8 MK2

バッキングトラック オートスイッチャー

本体価格: 248,000円 (税込み: 267,840円)
EANコード: 0676101037803

Radial JDI
Radial JDI

radial

製品紹介

定番オートスイッチャーRadial SW8がMK2に進化

U2、Lady Gaga、The Eagles、Radiohead、Cirque Du Soleil等の、世界中のプロのステージを支えているオートスイッチャーSW8がMK2に進化しました。SW8 MK2は、主としてバッキング・トラックを使用したステージで使用するライブコンサート用の8チャンネル・スイッチャーです。SW8 MK2に接続したメインのプレイバック・マシンにトラブルが起きた場合に、バックアップマシンへ自動/手動/リモート・コントロールのいずれかの方法で切り替えを行います。

入出力

SW8 MK2は、2グループの8系統入力の内、いずれかのグループを8系統出力にルーティングできます。入力は、標準的な8チャンネルD-Sub 25ピン端子または1/4"TRS端子にて接続を行います。出力は、8チャンネルD-Sub 25ピン(バランス、ラインレベル)またはトランスでアイソレートしたマイクレベルのXLR出力にて接続を行います。多くのエンジニアは、D-Sub出力をモニタリング用のプレイバック・システムへ送り、フロントパネルにあるマイクレベルXLR出力をマイクスプリッターや、PA用のスネークシステムの接続に使用します。

3モード(手動・リモート・自動)

SW8 MK2の切替方法には、手動、リモート、自動の3つのモードがあります。好みや経験によって、モードを選択します。エンジニアによっては、2台のコンピュータを別々に動作させ、1台に問題が起きても、もう1台でカバーできるような方法を好む人もいるでしょう。彼らは、両方のラップトップを同時にスタートさせ、問題が起こった場合に手動で切り替えを行います。また別の人はタイムコードで両デバイスを同期させ、自動化することを好みます。この場合、マスターのプレイバック・システムに問題が起きると、SW8 MK2は自動でバックアップ・システムに切り替わります。

JR2JR2-DT

リンクして拡張可能

16、24、32トラックのように、より大きなシステムを作るためには、数台のSW8 MK2をリンクする必要があります。最初のSW8をマスターとし、その他のスレーブ機にJR2リンク端子でリンクします。

前機種からの変更点

新機能
位置変更

接続例

最もシンプルな設定です。全てをステレオミックスもしくはモノで出力します。

16CHのバッキング・トラックをステレオ・サブグループにミックスします。ミュージシャンはメインパートに集中でき、SW8 MK2はコーラス、SE、パーカッションなどをサポートします。

コーラス、リズムトラック、シーケンス、SEなどからバックアップ・ボーカルなど全てをバックアップする大規模なプロダクション用。各トラックを独立して出力するため、エンジニアは客席とモニタ用それぞれに最適なミキシングできます。

技術仕様

Specifications
Features
General