Radial 国内正規代理店
株式会社エレクトリ
Radial Engineering
Tonebone

SGI

スタジオギターインターフェイスシステム

本体価格: 46,000円 (税込み: 49,680円)
EANコード: 0676101035984

主な特長

  • アンプをブースに置き、コントロール・ルームでのプレイをロスなく実現(約100m)
  • 原音に忠実で透明なサウンドの100% ディスクリート・クラスAサーキット(SGI-TX)
  • 音質劣化、変化のないナチュラルな音質の100%パッシブ(SGI-RX)
  • ダイレクトにアンプに接続したサウンドを再現する独自のDragコントロール( ピックアップ・ローディング)搭載
  • ノイズを除去するアイソレーション・トランス搭載
  • 耐久性の高い14ゲージ・スチール・ボディ
  • スイッチ、コネクターを保護するブックカバー・デザイン
  • 滑り止めと絶縁を兼ねるフルボトム・パッド
  • エアロスミスがレコーディング、ツアーに使用

radial

製品紹介

ブースにアンプを置き、コントロール・ルームでプレイする。そういったスタイルのレコーディングは今日では決して珍しいことではありません。コントロール・ルームでプレイすることで、実際にレコーディングされるサウンドをモニターしながらプレイできます。それにより、メンバーやエンジニアとのコミュニケーションも円滑に進みます。

接続例アンプを離れた場所に置いてプレイするためには長いケーブルが必要になります。しかし、ギター(特にパッシブ・ピックアップ)の信号はアンバランスで、長いケーブルを使用すれば外来ノイズの影響を受けてしまいます。音質劣化も決して小さくありません。

長いケーブルも問題なしSGIはその問題を解消し、音質劣化なく100mもの長距離でも利用できます。ギターを直接アンプに繋いだサウンドが得られるよう、Dragコントロールを搭載しました。これでナチュラルなトーンを保ちます。
注:SGIはSGI TX、SGI RXによるセット商品です。

ステージで使用
この便利さはレコーディング以外にも活用できます。大規模なステージで、ギターとペダルボード間やペダルボードとアンプの間に使用すれば、大規模システムでも音質が格段に向上します。SGIはTX(送信モジュール)、RX(受信モジュール)ともに、最い耐久性があり、ワールド・ツアーでも使用できます。

Dragコントロール
楽器を直接にアンプに接続した場合、アンプの入力部とピックアップの間にローディングが生じます。このローディングが楽器とアンプのコンビネーションからなるトーンに大きく関わっています。Dragコントロールはその関連性を再現します。バッファー使用時でもアンプを直接接続した際のサウンドを再現します。

接続例

技術仕様

Specifications
Features
General