ATC 国内正規代理店
株式会社エレクトリ

ATC

SCM12 PRO

ATC伝統のサウンドを受け継ぐコンパクトサイズのパッシブ・スタジオモニター

ATC SCM12 Pro

ATC SCM12 PRO 正面
ATC SCM12 PRO 背面
ATC SCM12 PRO 側面

製品紹介

SCM12 PROは、最新のATCテクノロジーを凝縮したコンパクトサイズのパッシブ・スタジオモニターです。
ATCサウンドの要であるMid/Bassドライバーに、ATC独自のCLD(Constrained Layer Damping)テクノロジーを取り入れています。CLDテクノロジーとは、広い面積のウーファーでは避けられないコーンレイヤーの分割振動を制御する技術です。その主な利点は、通常のコーン紙と比べ300Hzから3kHzのハーモニクスディストーションを減らすこと、クロスオーバーフィルターおよびスロープの制約を取り払い、伸長された周波数帯域を可能にすること、スピーカー軸外での周波数レスポンスを向上させることです。またウーファーのポールピースをアンダーカットすることで、対照的な磁束の中でボイスコイルを正確に駆動することができます。

高域のソフトドーム・トゥイーターは、7年の開発期間を経て生み出されたものです。25mm径のソフトドームをもつHFドライバーは、繊細な高域表現と指向性のために、強力なネオジウム磁気回路と精密なアルミウェーブガイドを備えています。またネットワーク部は、余裕の耐圧をもつパーツで構成され、全帯域においてフラットなインピーダンスになるように設計されています。
SCM12の指向特性は、水平方向に80度の広さを持ち、ステレオのみならずマルチチャンネルのアプリケーションにも有効です 。

技術仕様

SCM12 PRO
形式2ウェイ2スピーカー/密閉型
使用ユニットトゥイーター: ATC 25mm デュアルサスペンション・ソフトドーム(SH25-76 6Ω)
ミッド/ウーファー: ATC 150mm CLDテクノロジー(SB50-150CLD 8Ω)
増幅直線性80Hz – 16kHz(+/-2dB)
カットオフ周波数56Hz、22kHz(-6dB フリースタンディング)
指向特性水平±80度、垂直±10度
最大音圧レベル108dB/SPL(1m 連続入力)
クロスオーバー周波数2.2kHz
推奨されるパワーアンプ75 – 300W
インピーダンス
入力スピーカー端子ジャンパー付き結線ポスト/4mmプラグ(バイワイヤリング対応)
外形寸法(高さ x 幅 x 奥行き)400 x 238 x 235(mm)
重量11kg(1本)
定価270,000円(本体:250,000円)※ペア